犬島「家プロジェクト」C邸
COMMENT
犬島「家プロジェクト」五箇所目に位置する展示施設。施設は妹島和世氏によるもので200年以上前の倒壊寸前の空き家を改修し展示施設に転用された。古材(松材[※2])を出来るだけ利用し、表面を磨いて新材と色合いを合わせて作られている。外周部は取り外し可能な雨戸となっており、展示に合わせて周囲と一体となった場所に作り変えられる。[※1]

 [01-05:2016年1月4日 アーティスト:下平千夏 / 作品名:エーテル]

下平千夏氏による「エーテル」という作品が展示されており、施設内に黄色い水糸が張り巡らされている。外周部ハイサイドライトから差し込む太陽光により見えない領域を仮に可視化したもの。作品の一部は島民の手によって編まれており、島とアーティスト、鑑賞者を繋いでいる。[※2]時間帯によって光の溜まりが刻一刻と変わり、案内の方によると私が行った時期では14時-15時が一番綺麗との事でした。仮設の階段が設けられており、上からも作品や古材の梁も眺める事が出来るようになっています。内外壁はF邸・I邸と同じく米栂が使用されているとの事。
REFERENCE
PUBLICATION
[※1]:新建築 2013年6月号
[※2]:犬島チケットセンター案内
HOMEPAGE
DATA
建築名称
犬島「家プロジェクト」C邸
所在地
岡山県岡山市東区犬島
設計者
構造設計
シマムラ建築工房[※1]
芸術監督
長谷川祐子[※A]
施工者
分離発注[※1]
用途
建築様式
現代建築
建築年代
平成25年/2013年2月[※1]
構造
木造[※1]
規模
地上1階[※1]
敷地面積
651.36u[※1]
建築面積
157.09u[※1]
延床面積
107.56u[※1]
MAP
Copyright(C) 2016-2016 ARCHITECTURE DATABASE ALL Rights Reserved