弥栄会館
弥栄会館 01 弥栄会館 02 弥栄会館 03 弥栄会館 04
COMMENT
観光客に古典芸能を紹介するために建てられた施設。設計は木村得三郎。城郭を模したとも言われており[※1]、幾重にも重なる銅板瓦屋根や正面唐破風等が特徴的。2001年に登録有形文化財に登録。

 [01-04:2016年2月10日]

建仁寺の北東すぐ近くに位置する建物。ボリュームのある建物ですが銅板瓦屋根の重なりにより重厚感がありながらも圧迫感を与えない軽快さを併せ持つ外観となっています。正面中央の頂部は城郭の天守のようにも見え、近代建築に和風意匠が上手く組み合わされていますが、どこか中国的な印象も受けます。
REFERENCE
PUBLICATION
HOMEPAGE
DATA
建築名称
弥栄会館
所在地
京都府東山区祇園町南側570-2
設計者
構造設計
施工者
大林組[※A]
用途
建築様式
和風建築・近代建築
建築年代
昭和11年/1936年[※A]
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造[※A]
規模
地上5階・地下1階[※A]
敷地面積
建築面積
1272m2
延床面積
文化財
登録番号
26-0088
MAP
PUBLICATION
建築MAP京都mini
建築MAP京都mini
編者:ギャラリー・間
出版:TOTO出版
発行:2014年9月20日
Copyright(C) 2016-2016 ARCHITECTURE DATABASE ALL Rights Reserved