青蓮院門跡 ガラスの茶室 光庵
ガラスの茶室 光庵 01 ガラスの茶室 光庵 02 ガラスの茶室 光庵 03 ガラスの茶室 光庵 04 ガラスの茶室 光庵 05 ガラスの茶室 光庵 06 ガラスの茶室 光庵 07 ガラスの茶室 光庵 08 ガラスの茶室 光庵 09 ガラスの茶室 光庵10 ガラスの茶室 光庵 11 ガラスの茶室 光庵 12 ガラスの茶室 光庵 13 ガラスの茶室 光庵 14 ガラスの茶室 光庵 15
COMMENT
京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年を記念して青蓮院門跡将軍塚青龍殿の大舞台上に設置されたガラスの茶室 光庵。世界的に有名なデザイナー吉岡徳仁の構想に拠るもので、「小宇宙的な茶室という空間から、自然と共に生み出される時間を知覚化することで、物質的なものから解放され、自然と一体化することで、感覚の中に存在する日本文化の本質を見ることを考えました」[※1]との事。

 [01-10:2015年8月26日]薄曇りで水色に染まった空や青々とした木々、また背後の青龍殿と溶け込み合い、元よりそこに存在したかのような自然さで佇むガラスの茶室。あいにく中に入る事は出来ませんが、太陽光の入り方や見る角度によって周囲の景色を反射したり透過しながら変わっていくその表情は見ていて飽きません。ガラスの椅子を覗き込んで遊んでいるカップルが印象的でした。

[11-15:2015年11月17日]将軍塚青龍殿秋のライトアップにて。闇の中控えめなライトが灯されひっそりと佇むガラスの茶室。市街地から少し離れている為か紅葉シーズンにも関わらず観光客も少なくゆっくり見学出来ます。
DATA
建築名称
青蓮院門跡 ガラスの茶室 光庵
所在地
京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28
設計者
施工者
用途
建築年代
公開:平成27年 / 2015年4月9日
構造
規模
地上1階
敷地面積
建築面積
延床面積
MAP
PUBLICATION
Copyright(C) 2016-2016 ARCHITECTURE DATABASE ALL Rights Reserved